秋葉原の風俗に男性がハマっていく様子を紹介してみます

僕は無類の風俗好き、毎週一回は遊びに行くノリで風俗に行きます。今日はいよいよその日で思わず運転中だというのに僕の股間がモッコリしています、変態と言われる人種なのかもしれませんが犯罪を犯しているわけではないので全然気にしません。

むしろこの日のために僕は毎日毎日会社の犬となって働いているのですからね、そして今の僕は風俗店にまっしぐら!今の僕は例え大統領でも止められません!信号で止まった時にベルトをゆるめておいた僕はもう待ちきれないという状況。町中にあるお店なのでパーキング止めるやいな僕は歩く人々を潜り抜け疾走しました、ちなみに昼間です。

僕は夜勤族なので休日の昼間に風俗に行くのが定番です、この社畜のように働きぬいた僕の息子を癒す時が一刻一刻近づいています。かなり熱く盛り上がった股間に走り抜ける冷たい風がとても心地よい、僕が通っている風俗店はイメクラ風俗です。可愛い女の子も多いお店でいつも大好きなアニメのコスプレをしてもらっています、メイド系から危ないナースまで、本当に天使ぞろいの良店なんです。

僕は貧乳か巨乳かと言われたら貧乳派ですね、けしてかなり年下に興味があるということではなく僕の好きなキャラクターがかなりの貧乳という設定だからです、よってご想像通り指名する女の子はツンデレ系の貧乳タイプ。通いつめて早くに二か月、もう彼女の声を聞くだけでジーパン越しにガマン汁がパンツを濡らしています。シチュエーション的にはアニメの設定通りに僕が主人公で彼女がツンデレキャラでスタートします。

そしていよいよ彼女の登場です、ピンクの髪色のカツラとピチッとしたスタイルがもろわかりの丈の短いノースリーブのキャラコスチュームです。もうたまりません、個室にうつると僕は演技も忘れ彼女の脇に吸い付きます。僕は臭いフェチなので女性の脇の香りがたまらなく好きなのです、彼女は仕事のプロなのでそこは指定したキャラクターでちゃんと演じてくれます。

みごとなツンデレぶりがさらに股間を刺激してきます、その行為だけで僕は一度イってしまいます。さらに僕の指名する子はMっ気がある子なので羞恥プレイもかかせません、嫌がりながらも感じているツンデレ娘ほど美しいものなどあるのでしょうか。

二か月前までとてもウブな男だったこの僕が今こうして可愛い女の子をまるで自分のもののように弄んでいるのです、いやあ風俗に出会て良かった。いずれは本当の恋人とこんなことが出来ればと思う今日この頃です。

秋葉原の風俗に男性がハマっていく様子を紹介してみます

僕は無類の風俗好き、毎週一回は遊びに行くノリで風俗に行きます。


Copyright© 2016年7月11日 エッチなことが好きでたまらない男性に贈る秋葉原風俗の話題のまとめ
http://www.cienciaconducta.com All Rights Reserved.